> 【過去にメールアドレスの交換をさせていただいた方にBCC配信しております】 いつもお世話になっております。 あっという間に1月も過ぎましたが、ようやく2010年最初のニュースレターをお送りします。 昨年末から今月にかけて、数年来会っていなかった人々との印象的な再会が多くありました。 ほか

DM banner5

【過去にメールアドレスの交換をさせていただいた方にBCC配信しております】

いつもお世話になっております。
あっという間に1月も過ぎましたが、ようやく2010年最初のニュースレターをお送りします。

昨年末から今月にかけて、数年来会っていなかった人々との印象的な再会が多くありました。
ほかにも、ずっと止まっていたプロジェクトが動き出したり、過ぎ去ったとばかり思っていたこの10年が自分の周りでようやくスロースタートを切ったようにも思えて、なんだかおかしく、新鮮な思いがしています。
と、なにげにminamoのニューアルバムの宣伝なんかにもつながるわけですが…。

今回も半年ぶりの「公 聴 会」をはじめ、新しい企画も含むご案内をいくつかさせてください。

***
kochokai4 logo

公 聴 会』第四回
 ■日 時:2010年2月15日(月)19:00 〜 終電まで
 ■会 場:Super Deluxe港区西麻布3-1-25-B1F
 ■料 金:フリーーーー!!
 ■D J:塚田哲也(大日本タイポ組合)点(ten do ten)
      小林 和人(Roundabout / Outbound)、南波 一海、安永 哲郎
 ■企 画:安永哲郎事務室

*本企画はスーパーデラックスのラウンジタイムに行われるDJイベントです。
 トークショーではございませんので、あらかじめご了承ください。

tsukada

塚田 哲也(大日本タイポ組合)
大日本タイポ組合は、秀親と塚田哲也の2人で1993年に結成。
日本語やアルファベットなどの文字を解体し、組合せ、再構築することによって、新しい文字の概念を探る実験的タイポグラフィ集団。
ロンドン、東京での個展、バルセロナや東京での企画展に参加。
2003年には、バルセロナ(スペイン)で設立10周年記念の展示会を開催し、同時に作品集「TYPE CARD PLAY BOOK」も出版。
塚田哲也はヒゲの無いほう。

ten-1

点(ten do ten)
点が点を点々とピクセル・デザインする、ジャパニーズ・ピクセル・デザイナー。武蔵野美術大学在学中より松本弦人氏に師事。1995年デラウエアに参加。2001年脱退。2001年、9.11以後、ウェブサイト「ten_do」をスタート。ドメスチックに、セクシーに、クラフティに、クレイジーに、ストイックに、日々点々デザイン中。携帯電話のインターフェイス・装丁・エディトリアル・ CDジャケット・ウェブ等、国内でのデザイン、コラボレーションワークの他、海外でのクライアントワーク・エキシビジョンにも多数参加。

image

小林 和人(Roundabout / Outbound
道具感のある国内外の生活用品を扱う店 Roundaboutと、やや非日常に振れた品々を展開する場所 OUTBOUNDを運営。書籍や展覧会等のディスプレイも手掛ける。

namba-1

南波 一海
ミュージシャン/ライターなど。
(事務室註:今いちばん信頼できる若手音楽ライターです)

Untitled-1

発売中の「Improvised Music From Japan 2009」に公 聴 会のことが載っています。
本(日英語バイリンガル、A5サイズ、全128ページ)+ CD3枚の豪華な内容!
お求めはこちらからどうぞ。

***
drone

持続する日 - ドローンを聴く -

 ■日 時:2010年2月20日(土)13時~23時 ※ライヴ中は出入り自由
 ■会 場:路地と人千代田区神田神保町1-14 英光ビル2F
 ■参加費:1,000円(要ワンドリンクオーダー)
 ■出 演:虹釜 太郎安永 哲郎 ほか
 ■出 店:薬草バー パリペキン

a0156417 020989

先日プレオープンしたばかりのスペース「路地と人」で、新しい企画を始めます。その名の通り、ドローンを聴く一日です。私は正気です。

ホスト役は虹釜太郎さんと安永哲郎。幅広い解釈でコレクションしたドローン作品の数々を、長時間かけてじっくりとDJミックスしていきます。もしかすると飛び入りゲストライヴもあるかもしれません。

ドローンとは、変化がほとんどない長い持続音のことです。
耳なじみの薄い言葉かもしれませんが、これは世界各地の民族音楽や伝統音楽において土台となっている構成要素です。つまり、その音楽が聴かれるためのフレームとなる環境を作り出す「メタ音楽」 と言い換えることもできます。

今やドローンは実験音楽のいち表現手法として、アンビエントやミニマル・ミュージックの延長にもカテゴライズされていますが、ここでは一旦、そういったカタログ的な思考から距離をおきましょう。

このライヴでは、ドローンを通じて「聴くこと」を「世界を認知すること」ととらえ直し、リスニングを取り巻く環境や知覚作用にも広く耳や目を向けながら、本質的な音と音楽の感じ方についての考察と実践を行うことを目的としています。

虹釜さんの薬草バー パリペキン出店もあります。ハーブティーを楽しんだり、床に寝そべったり、時には外に出て空気を味わいながら、ゆっくりと持続し、変化していく時間に身を任せる贅沢な一日をお楽しみください。
みなさまのお越しお待ちしております

***

New Release

1058minibig

minamo 「Durée」(12K)

minamo 「Durée」リリース

フルアルバムとしては4年ぶり。minamoのニューアルバムが発売になりました。

今作ではベルグソンの「持続」を参照しつつ、演奏行為を通して変化を常態とした分かちがたいダイナミックな流れとしての場を生成することをイメージしながらむにゃむにゃ……詳しくは次号のヒアホン(HEADZ)イントキシケイト(タワーレコード)でインタビューに答えていますので、そちらをご覧下さい。

リリース元はNYのレーベル12K。全国の輸入盤ショップやitunes storeでお買い求めになれます。

***

events

関連イベントが続くので、ここで一気にご紹介。公 聴 会からスーパーデラックス3Daysです!

225-245220100216musicfor12

「12人のための音楽」
 ■日 時:2月16日(火) 19:00開場 20:00開演
 ■会 場:Super Deluxe港区西麻布3-1-25-B1F
 ■料 金:予約2,000円 / 当日2,300円 (ドリンク別)
 ■出 演
  aen、イガキアキコ、植野隆司 (テニスコーツ)、
  大島輝之 (sim)、神田聡、Cal Lyall、千葉広樹、
  服部正嗣 (Ryusenkei-Body)、安永哲郎、
  ユタカワサキ、大城真、
  Chihei Hatakeyama (opitope)

410-244820100217top

「daydream sounds」
 ■日 時:2月17日(水) 19:00開場 19:30開演
 ■会 場:Super Deluxe港区西麻布3-1-25-B1F
 ■料 金:1,000円 (ドリンク別)
 ■出 演
  HELLL(Jason F、Jeff F、Sakiyo T、Tetsuro Y)、
  壱零base、Giraf Meets Flying Bird、T.V.not january

3月以降もDJ、トークイベントと続き、
4月にはビッグな来日イベント&展覧会が控えています。
詳細は追って!ご期待ください。

***

最後までお読みいただきありがとうございました。
今後このような案内が不要な場合は、お手数ですがこちらまで空のメールをお送りいただくか、フッターの[Unsubscribe]をクリックしてください。

blogger facebook tumblr twitter
1px